• 英会話を論理的に学べる「英語塾」

    英会話を論理的に学べる「英語塾」

  • 英会話ができるようになるための英文法を学ぶ

    英会話ができるようになるための英文法を学ぶ

  • 日本人講師が教える大人のための英語塾

    日本人講師が教える大人のための英語塾

  • 本当に使える英語力を身につけよう

    本当に使える英語力を身につけよう

福島英語塾で身につける英語力

福島英語塾 代表 犬伏 崇之

こんにちは!福島英語塾の犬伏です。福島英語塾は大阪市福島区にある環状線JR福島駅から徒歩1分ほどの場所にある英語塾です。実際に英語が使えるようになる英会話のための英語塾です。

英会話を勉強したい理由は子供から大人まで様々です。海外旅行、留学、ビジネスなど英語を使う必要性は今後も高まるばかりです。また中学生や高校生にとっては英語は受験で必要な科目ですね。

英語学習の目的は色々ですが、基礎となる英語力の伸ばし方は同じです。基本的なことですが、英語を話すためにはまず単語を知っておく必要がありますね。

単語だけが分かれば、英語は理解できるでしょうか?実はそうではありません。簡単なコミュニケーションなら可能かもしれませんが、文の構造が難しくなってくれば、どこまでが主語でどこまでが目的語なのか、という文の構造についても理解が求められます。

英文を細かく見ていくと文法もたくさん使われています。関係代名詞だったり、分詞だったり、といろんな文法についての知識も求められますね。

この単語・構文・文法という基礎を土台に長文読解ができるようになります。長文読解ができることはとても大きなステップです。なぜなら長文読解ができるということはリスニングの内容を文字を通して理解ができるからです。

リスニングとリーディングができるということはインプットがたくさんできるということです。大量のインプットを通して、単語・構文・文法は補強され、そのインプットに基づいてスピーキングやライティングといったアウトプットにつながっていくわけです。

これをステップ毎にまとめたものが福島英語塾で英語を学ぶ大きな流れです。

ステップアップする目標達成型学習法

ステップアップ

1ヶ月で英単語1,000語

1ヶ月で英単語1,000語

福島英語塾では1ヶ月で約1,000単語に目を通し、「こんな単語を見たことがあるなぁ」という感覚をつかみます。その際によく陥る間違った単語の覚え方は「覚えたい単語だけにしか目を通していない」ということです。これではせっかくの努力が水の泡です。結局ほとんどの単語を覚えられていないでしょう。

福島英語塾では必ず例文に目を通すように教えています。不思議なものでたとえ文法を学んでいなくても、数をこなす中でいろんな例文の共通点が見えてくるものです。その共通点をまとめたものが文法なわけです。後のステップで文法も解説はしますが、文法の解説に意味が出るのはインプットがあってこそなのです。この理由からStep 1では大量のインプットとして英単語の例文にたくさん触れる学習をします。

腑に落ちる英文法

腑に落ちる英文法 日本の英文法の教育は結論を伝えるだけにとどまっている場合が多いです。不定詞なら「to + 原形」を覚えておく、比較なら最上級には「the」をつける。しかし、なぜそういう形を取るのか?という説明はほとんど受けてきていないのではないでしょうか?福島英語塾ではこういった文法については結論だけを伝えるのではなく、英文法の「なぜ?」についてまで解説をします。英語力をつけるためには丸暗記ではなく、理解が必要です。理解は応用につながり、次のステップの長文読解につながっていきます。

英語回路を作る長文読解

英語回路を作る英文暗唱 英文法を知っている=英語が読める、というわけではありません。Step 1と2で身につけた単語力と文法を土台に英文の構造を学びます。英検対策をするにしても、受験問題を解くにしても、海外旅行に関わる文書を読むにしても、ビジネス文書に目を通すにしても、単語力と文法と構造理解は必須です。Step 3では長文読解を通して、単語力と文法と構造理解を培います。

自分で作り出す英作文

自分で作り出す英文法 ある程度読めるようになれば、リーディングとリスニングの練習ができます。この段階では大量のインプットが少しずつ可能になってきます。インプットを授業外で学習できるようになったあたりからアウトプットに力を入れていきます。まずは英作文から始めます。実際に書いてみれば気付くことですが、単語力・文法・構文の3つの土台がなければ英文を書こうにもなかなかうまく書くことができないでしょう。ここでもまた単語・文法・構文の復習をしながら、アウトプットの練習ができるわけです。

実践のディスカッション

実践のディスカッション 最後の練習はスピーキングです。ライティングができてしまえば、あとは文を瞬時に組み立て、話す練習をしていきます。この段階に来ればたくさん話すという練習が効果的になってきます。文を組み立てる力がついていれば、会話量を増やし、瞬発力を鍛えます。そして英会話に慣れてきたら、「英語『を』学ぶ」ことから離れ、「英語『で』学ぶ」ために様々なトピックを英語で話し合います。ここまで来れば、自立した英語学習ができているでしょう。

お知らせ