無料体験

英語の関係代名詞(that/which/who)とは?使い方カンタン解説!3つのステップを守るだけ!

Update :

 

英語の関係代名詞(that/which/who)とは?使い方カンタン解説!3つのステップを守るだけ!

 

大阪市福島区の英語塾『福島英語塾』講師の犬伏です!

 

ここでは関係代名詞(that/which/who)の基本的な使い方に焦点を絞って解説をしていきます。

犬伏先生
犬伏先生

 

関係代名詞ってきちんと理解できていますか?そもそも何のために使うのか、どうやって使ったらいいのか、「that」「which」「who」の使い分けはどうするのか?いろいろ疑問がありますよね。それでは解説を始めていきましょう。

 

ここでは関係副詞の話はしていないので、
関係副詞はこちらを参考にしてください

 

 

関係代名詞とは?

 

関係代名詞とは何かを聞くと、よくこういう答えが返ってきます。

 

thatとかwhichとかwhoでしょ?」

 

文と文を繋げる表現でしょ?」

 

間違ってはないんですけど、この理解では実際に使えるようになるのは難しいだろうなぁ、と思います。なぜかというと、そもそも何のために使うのかというのがわかっていないからです。そもそも関係代名詞は何のために使われるんでしょう?

 

答えはこちら。

 

関係代名詞 = 名詞を詳しく説明するための手段

 

関係代名詞は「名詞を詳しく説明するための手段」、つまり形容詞の働きをしているわけです。具体例で考えてみましょう。

 

例えば、友達と道を歩いていたら、建物の前にたくさん人がいるのを目にしたとしましょう。その中に知り合いが一人いたとしたら、友達にどう伝えることができるでしょう?

 

「あそこに人がいるのわかる?」と言うだけでは、どの人の話をしているのか分かりません。でも「あそこに白い帽子をかぶっている人がいるのわかる?」と言えば、複数いる人の中から一人の人間を特定することができますね。この状況では白い帽子をかぶっている人が一人だけだったとしましょう。

 

さて、この例で何をしたかというと「人」という言葉では誰のことを言っているのかわからないので、「白い帽子をかぶっている人」というように「人」を詳しく説明しました。

 

これと同じことを英語でやろうってことなんですよ

 

だから

 

関係代名詞を使うということは
名詞を詳しく説明するという意識を持つ

 

というのが関係代名詞を上手に使うコツです。

 

どうやって関係代名詞を使うの?

 

考え方がわかれば、今度は関係代名詞の使い方ですね!これ、実はとても簡単なんです。3つの手順を踏めば、簡単に関係代名詞の使い方をマスターできます!

 

では、まず日本語はどのようにこの表現を作っているのか考えてみましょう。

 

女性が白い帽子をかぶっています。

 

これはちゃんと「誰が」「どうした」という「主語」「動詞」が存在する文です。これをどんな女性なのかを説明するにはどうしたらいいんでしょう?きっと日本人で日本語を母国語とするならば、苦労せずに作れると思います。

 

こんな感じですね↓

 

白い帽子をかぶっている女性

 

今度はもう文ではなく、「女性」を詳しく説明している名詞のかたまりとなりました。日本語の特徴は詳しく説明したい名詞、ここでは「女性」という言葉を一番最後に持ってきています。あとは元の文、「女性が白い帽子をかぶっています。」の「女性」以外の部分(白い帽子をかぶっている)を「女性」の前に全て順番通りに置いているだけです。

 

完成した形が「白い帽子をかぶっている女性」というわけです。

 

ちなみに日本語の場合は微妙に形を変えないといけませんね。「白い帽子をかぶっています女性」とは言わず「白い帽子をかぶっている女性」というわけです。日本語の方がこの辺りははるかに難しそうですが、英語はとても簡単です!

 

要領は全く同じ。ただ違うところといえば、日本語は説明したい言葉を一番後ろに持ってきましたが、英語では説明したい言葉は一番前に持ってきます。

 

では、本題の英語での作り方を考えていきましょう!

 

関係代名詞を使うための3つのステップ

 

上記の日本語の例文と同じ文を使いましょう。

 

A woman is wearing a white hat.
女性が白い帽子をかぶっています。

 

これはちゃんと「主語」「動詞」のある文です。ここから3つのステップで「女性」を説明する名刺のかたまりを作りましょう。

 

関係代名詞の使い方:第1ステップ

 

第1ステップ
説明したい名詞を一番前に持ってくる

 

今は「女性」を説明したいので、a womanを先頭に持ってきましょう。ちなみにこの説明したい名詞のことを

 

先行詞

 

と言います。先に行く、つまり一番最初に来る言葉だから先行詞といいます

 

a woman

 

 

関係代名詞の使い方:第2ステップ

 

第2ステップ
関係代名詞を先行詞(説明したい名詞)の後ろに入れる


ここで、どんな関係代名詞を使おうかということですが、基本の3種類の関係代名詞はこちらです。

 

who
which
that

 

 

that/which/whoの使い分けは?

 

that/which/whoの使い分けは簡単です。先行詞を見て判断します。こんな具合です。

 

who → 先行詞が「人」の場合

 

which → 先行詞が「人以外」の場合
※「モノ」とは書きませんでした。
動物をモノと判断しますか?しませんね?
でも「人以外」なら問題なくwhichを選べますね。

 

that → 基本的に万能
thatしか使えないケース、thatは使ってはいけないケース、と細かい使い分けはありますが、thatは基本的に「指し示す」イメージ。
「あの」という言葉も少し遠いとこにあるものを指し示す感じがあるでしょう?
that節のthatだって “I think that…”という時に、思っているのはこれです!というように指し示してるんですよ。

それと同じで関係代名詞のthatも指し示すって考え方なんです。

 

a womanは女性なので、whoかthatを選びましょう。ここまではこんな具合で作ります↓

 

a woman who
a woman that

 

 

関係代名詞の使い方:第3ステップ

 

第3ステップ
元の文の先行詞以外の全ての言葉を
順番のまま関係代名詞の後ろに置く

 

ちょっとわかりにくいですか?一緒に考えていきましょう。元の文はこの1文でした↓

 

A woman is wearing a white hat.

 

ここから「女性」を説明したい、ということで a woman を切り取り、一番先頭に置きましたね。それから関係代名詞は who もしくは that を入れました。先行詞(説明したい言葉)が人なので、who か that なんでしたね。

 

今、元の文で残っている部分は is wearing a hat です。これを「順番はそのまま」に「全て」を関係代名詞の後ろにおいてあげるのです。こんな具合です。

 

a woman who is wearing a white hat
白い帽子をかぶっている女性

 

はい、完成です!3つのステップを踏むだけで関係代名詞が作れました!

 

ここでちょっと注意事項です。今、この表現はただの名詞のかたまりです。もう文ではないですからね!なので、文にしたければ、こんなふうに使います。

 

Can you see the woman who is wearing a white hat?
あの白い帽子をかぶっている女性が見えますか?

 

The woman who is wearing a white hat is my sister.
あの白い帽子をかぶっている女性は私の妹です。

 

The woman who is wearing a white hat talked to me yesterday.
あの白い帽子をかぶっている女性が昨日、私に話しかけてきました。

 

I had lunch with the woman who is wearing a white hat.
あの白い帽子をかぶっている女性とお昼ごはんを食べました。

※ a woman の a を the に変えていますが、the は特定の働きがあり、
文脈上、白い帽子をかぶっている女性が一人に特定できるとし、
the に変更しています。

 

赤字で示している所が関係代名詞を使った名詞のかたまりでしたね。文の構造として名詞が入らないといけないところに関係代名詞を使った名詞のかたまりが入っているわけです。

 

関係代名詞(that/which/who)を使った例文で理解を深めよう!

 

解説だけではまだ定着はしていないので、まずは実際のケースを見て、理解を深めましょう。

 

The man got out of a car.
男性が車から出てきました。

 

関係代名詞を使った例:その1

・男性を説明するケース

 

第1ステップ
説明したい名詞を一番前に持ってくる
the man
第2ステップ
関係代名詞を先行詞(説明したい名詞)の後ろに入れる
the man who
もしくは
the man that
第3ステップ
元の文の先行詞以外の全ての言葉を
順番のまま関係代名詞の後ろに置く
the man who got out of a car
もしくは
the man that got out of a car
完成!

 

 

関係代名詞を使った例:その2

 

次は同じ文を使い、今度は a carを説明するケースを考えてみましょう!

 

The man got out of a car.
男性が車から出てきました。

 

・車を説明するケース

 

第1ステップ
説明したい名詞を一番前に持ってくる
the car
第2ステップ
関係代名詞を先行詞(説明したい名詞)の後ろに入れる
the car which
もしくは
the car that
第3ステップ
元の文の先行詞以外の全ての言葉を
順番のまま関係代名詞の後ろに置く
the car which the man got out of
もしくは
the car that the man got out of
もしくは
the car the man got out of
完成!

 

最後のa car the man got out ofという表現がありますが、関係代名詞が入ってません。これ、省略されてるんです。関係代名詞ってもともと文であったところから1語だけ名詞を取り出すわけですよね。

 

ということは主語を抜けば、関係代名詞の後ろは基本的に動詞が来るし(例外は・・・あるんです)、主語以外の名詞を抜けば、主語は必ず関係代名詞の後ろに来ますね。

 

難しいですか?具体例で考えると簡単です。

 

関係代名詞を省略できるケース・できないケース

 

The man got out of a car.
男性が車から出てきました。

 

これは文ですよね。

 

・男性を説明するケース

 

the man who got out of a car

 

・車を説明するケース

 

a car which the man got out of

 

どちらもの部分がもともと先行詞が入っていた箇所です。仮にどちらも関係代名詞を省略したとしてみてください。なにが起こるでしょう?

 

・男性を説明するケース

 

the man got out of a car

文に戻っちゃいました!

 

・車を説明するケース

 

a car the man got out of

文になる可能性はなし!
(名詞・名詞と続いているため)

 

このように主語が抜けるケースでは関係代名詞は省略できませんだって元の文に戻ってしまうから。

 

でも主語以外が抜けるということは主語は残るわけなんで、必ず名詞・名詞という並びになります。文に戻る可能性はなくなるので、関係代名詞を省略しても、ちゃんと名詞を説明していることがわかるんですね。

 

なので、主語以外が抜けるときは関係代名詞は省略しても大丈夫です!

 

関係代名詞「whose」の使い方は?

 

関係代名詞には「whose」というのもあります。whoの所有格の形です。これを使った関係代名詞の使い方も知りたい方はこちらから。

 

 

 

関係代名詞「what」の使い方は?

 

関係代名詞の中には「what」という関係代名詞もあります。これはthat/which/whoとは違って、先行詞と関係代名詞が一緒になってるんです。

 

一般的な関係代名詞は「説明したい名詞 + 関係代名詞(that/which/who)」という形になってますが、whatはthat+whichとが合体した先行詞と一体となっている関係代名詞なんです。これを使って「〜なこと」とか「〜なもの」という表現が使えるんです。ものすごく使える表現なので、ぜひマスターしてください。

 

詳しい解説はこちらでしています。

 

 

複合関係代名詞とは?

 

複合関係代名詞とはwho/what/whichにeverがついた形です。複合関係代名詞は副詞節と名詞節を作ることができます。

 

またeverというのは「あらゆる選択肢」を表す言葉なので、「〜は誰でも」「〜は何でも」「〜はどちらでも」といったように全ての選択肢を選ぶような訳になっています。以下の例文で確認してください。

 

Whoeverが副詞節として機能

 

Whoever you are, you can’t tell me what to do.
あなたが誰であろうと、私に指図しないで。

 

Whoeverが名詞節として機能

 

I like whoever likes me.
私のことを好きな人は誰であっても好きです。

 

Whateverが副詞節として機能

 

Whatever you say to me, I won’t change my mind.
私に何を言おうが、考えは変えません。

 

Whateverが名詞節として機能

 

Take whatever you want.
なんでも欲しいものを持っていって。

 

Whicheverが副詞節として機能

 

Whichever you choose, I’ll respect your choice.
どっちを選ぼうが、あなたの選択を尊重します。

 

Whicheverが名詞節として機能

 

Give me whichever you like.
君の好きな方をどっちでもいいからちょうだい。

 

複合関係副詞とは?

 

複合関係副詞とはwhere/when/howにeverがついた形です。こちらは副詞の働きだけをします。

 

こちらもeverが入っています。複合関係代名詞同様、everが入っていると全てを選択するような意味合いが含められます。「どこに〜しようが」「いつ〜しようが」「どんなに〜しようが」といったようにあらゆる選択肢が選択されているような訳になります。以下の例文で確認してください。

 

Wherever

 

Wherever you are, make sure you study hard.
どこにいようが、一生懸命勉強してね。

 

Whenever

 

Whenever I drop by, you are sleeping.
いつも立ち寄ったら、寝てるよね。

 

However

 

However hard I practice, I can’t improve my performance.
どんなに一生懸命練習しても、パフォーマンスが良くならない。

 

 

まとめ

 

関係代名詞 = 名詞を詳しく説明するための手段

 

使い方

 

 


説明したい名詞を一番前に持ってくる

 


関係代名詞(that/which/who)を先行詞(説明したい言葉)の後ろに入れる

 


元の文の先行詞以外の全ての言葉を
順番のまま関係代名詞の後ろに置く

 

関係代名詞の種類

 

that → 基本的に万能

which → 先行詞が「人以外」の場合

who → 先行詞が「人」の場合

 

これで関係代名詞の使い方の基本は終了!

 

関係代名詞は名詞を詳しく説明するための手段でしたよね。

 

ということは働きとしては形容詞なんです。

 

でもそもそも形容詞って何?ってなってる方!

 

こちらをお読みください。

 

 

前置詞・接続詞・冠詞についての解説はこちら↓

 

 

この記事をSNSでシェア!