無料体験

現在完了形徹底解説!「have」が分かれば、すっごくカンタン!

Update :

現在完了って何?


 

現在完了といえば「have + 過去分詞形!」と呪文のように覚えさせられませんでしたか?でもよくよく考えてみると、haveという「持っている」という意味があるこの言葉がなぜ使われているんでしょう?それに過去分詞形というのはどんな働きなのかもよくわかりませんね。この辺をわかりやすく説明していきます!

ではまず現在完了とは何なのかという説明ですが、現在完了というのは読んで字のごとく「現在」「完了」する、つまり「今終わった」ことを伝える表現です。では「今終わった」という言葉をよく考えてみましょう。今終わるということは過去に何らかの行動や状態が始まっているということですね。昔に始まったことが今につながるという考え方、これこそが現在完了形なのです。

 

過去形と何が違うの?


よく過去形と現在完了の違いがわからない、という質問をいただきます。そもそもなぜこの2つの文法で迷ってしまうのでしょうか?これが日本の英語教育が生んだ負の部分であると思うのですが、訳語中心の教育をしてしまったことに原因があります。

 

例えば、「ご飯を食べた」という表現があったとしましょう。あなたならこれを過去形で表しますか?それとも現在完了で表しますか?過去形だという人は訳が「食べた」となっているから、昔の話をしていると捉えているのでしょう。反対に現在完了だという人はさっき食べ終えて今お腹いっぱいの状態だ、と捉えて現在完了を使おうと選択したのかもしれません。結論から伝えると、「ご飯を食べた」という情報だけでは、これが過去形なのか現在完了なのかは決められません。日本の訳語中心の英語学習では過去形と現在完了の違いを判断するのは難しいのです。それは正しい判断基準を持っていないから。それでは正しい判断基準とは何なのでしょう?

 

過去形と現在完了の使い分けの判断基準とは?


過去形と現在完了の使い分けの判断基準は「映像」にあります。これはどういうことかというと、「ご飯を食べた」という日本語を見たときにどんな状況が想像できるか、つまりどんな状況を「映像化」できるか、ということです。たださすがに「ご飯を食べた」だけでは状況が見えてきません。少し言葉を補ってみましょう。

 

⑴ 昨日は11時半にご飯を食べた。
⑵ さっきご飯を食べたから、仕事に戻ります。

 

どちらも「ご飯を食べた」という表現を使いましたが、状況は大きく異なります。⑴ は明らかに昨日の話をしており、今日や一昨日の話をしているわけではありません。もちろん現在への繋がりもありません。

 

それに対して⑵の例では少し前にご飯を食べ終わり、今お腹がいっぱいであるという現在への状況へつながりがあります。周辺の言葉が補われて、⑴は現在から離れた過去の1点の話、⑵は過去に起こったことが現在へとつながる話、と映像レベルで差が出ましたね!残念ながら日本語訳では判断できないのです。過去形と現在完了の使い分けの判断基準は「映像」上、現在を含むか含まないか、というわけです。この「映像」の違いというのは言い換えると「文脈」の違いです。

 

ちなみに文脈の話に関連して、「ご飯」をどのように訳しましょう?「ご飯」は “breakfast” にも “lunch”にも “dinner” にもできますが、どれが良いでしょう?これも文脈の問題です。「11時半に」とあるので、お昼ご飯と捉えるのが自然でしょう。⑵の文も誰かに何かを聞かれ、それに対する答えが⑵の文だと考えると、お昼ご飯に行き、仕事に戻ったというのが一番自然な捉え方だと考えます。もちろん夜ご飯の可能性もありますが、これはさらに文脈を推測する別の文がなければ、確信を持ってdinnerとすることはできません。間違いではないですが、どの言葉を選択するのが一番自然かを考えて、言葉を選んでください。

 

それでは、上記の2文の英訳です。

 

⑴ 昨日は11時半にご飯を食べた。
⑴ I had lunch at 11:30 yesterday.

⑵ さっきご飯を食べたから、仕事に戻ります。
⑵ I have just had lunch, so I’ll get back to work.

 

言葉の成り立ちが分かれば、考え方はカンタン!

 

現在完了は一般に「have + 過去分詞形」という形にすると習っています。でもなかなかなぜそんな形にするのかは教えられていないと思います。ここでは、その言葉の成り立ちを説明します!

 

「have」の考え方



haveって本当にいろんな意味・使い方があります!代表的なものを以下に挙げていきます。

・持っている
・食べる
・飲む
・使役動詞
・現在完了

 

他にもいろんな訳があるんですが、ここにも訳至上主義が悪影響を与えています。訳に捕らわれてしまうと、haveの訳はいくつ覚えないといけないんでしょう?僕はほとんど覚えていません。考え方さえわかれば、あとは文脈上、意味が決まってくるからです。ではその考え方とはどういうものか。これです↓

 

「取り込む」

 

 

この考え方だけです。

 

上記に挙げたケースを全て確認してみましょう。

 

⑴ I have a good idea.(良い考えがあります。)
⑵ I’m having lunch now.(今昼食をとっています。)
⑶ He’s having beer.(彼はビールを飲んでます。)
⑷ I’ll have him call you.(彼に電話させます。)
⑸ I’ve already had lunch.(もうお昼ご飯を食べてしまいました。 )

どの例でも「取り込む」ということを意識してみてください。

 

⑴ 私が良い考えを「取り込む」 → 良い考えがある
⑵ 私が昼食を「取り込んでいる」最中  → 昼食を食べているところ
⑶ 彼がビールを「取り込んでいる」最中 → ビールを飲んでいるところ

 

ここまではわかりやすいケースだと思います。下の2つに関しては別の知識をお伝えしておきます。それはある言葉の右に別の言葉を置くと補足になるということです。⑷に関しては「him」と「call you」が並べられています。「彼」「あなたに電話する」。今、2つの表現が並んでいるだけですが、自ずと「彼があなたに電話する」と捉えませんか?このように並べると関係が生まれる、というわけです。では⑷と⑸を考えてみましょう。

 

⑷ 私が(彼があなたに電話するという状況)を「取り込む」 → 彼に電話をさせる
⑸ 私が(お昼ご飯を食べた)ということを現在で「取り込む」 → 食べ終わったところ

 

こんなふうに「have」とはどこまでいっても「取り込む」という考え方が本質的な考え方です。さてなぜ現在完了でhaveが使われるかというとそれは昔に起こったことを現在で取り込み、現在へのつながりを伝えるためです。ちゃんと「それで今に至るんですけどね」というニュアンスを出しているんですね!

 

 

「過去分詞形」の考え方


 

過去分詞は2つの働きがあります。1つは「すでに済んだこと」をいう場合です。一般に「完了」と言います。そしてもう1つは「~される」という「受け身」の表現です。そもそも分詞という言葉は「分かれる品詞」という言葉の成り立ちですが、これは元々動詞だった単語が「動詞」と「形容詞」の機能に「分かれる品詞」だと思ってください。文脈によって動詞のように、または形容詞のように働くという意味です。具体例で考えてみましょう。

⑴ I have visited Kyoto several times.
⑴ 京都に何度か行ったことがあります。)

⑵ Kyoto is one of the most popular places visited by both locals and foreigners.
⑵ 京都は現地民も外国人も訪れる最も人気にある場所の一つです。

 

⑴のケースでは動詞的に機能していますが、⑵のケースでは “the most popular places” を修飾する形容詞としての働きとなっています。今回の現在完了では過去分詞が動詞的な働きとして、機能し「すでに済んだ話」をするために使われていると思ってください。

 

 

「現在完了形」の考え方


 

ここまで説明を理解していただければ、あとは「have」の考え方と「過去分詞」の考え方を合体させるだけです。ここでおさらい↓

 

have = 取り込む
過去分詞 = すでに済んだこと

 

つまりすでに「過去」で済んだことを「現在」で取り込む表現、それが「現在完了」というわけです!現在完了は学校では「結果用法」「完了用法」「継続用法」「結果用法」と、これを覚えたところで瞬時に判断できるのかな?と疑問を抱くような教え方をしていますが、全てに共通するのは昔に起こったことが現在につながる、それだけです。具体例で考えてみましょう!

 

 

具体例を通して、理解を深めよう!


 

それでは具体的に4つの用法を通して、考えてみましょう!ここで断っておきますが、細かい用法を理解してほしいわけではありません。その奥にある本質に触れていただきたいのです。どの考え方も結局は「昔に起こったことが現在につながる」ここにつながることを確認してください。

 

結果用法

He has already gone to the U.S.
彼はすでにアメリカに行ってしまいました。

goneという言葉で昔にアメリカへ行ったことを伝え、それをhaveで今の現状につながっていることを伝えます。昔にアメリカに行ってしまっているので、今元いた場所にはいませんね。その場を離れて、今アメリカにいることを伝えています。なので、「行ってしまった」という意味になるというわけです。

昔に起こったことが現在につながる、が守られています

 

完了用法

I’ve just finished reading.
ちょうど読書が終わったところです。

現在よりもほんの少し前の過去の時点で読書が終わり、読み終わって今何もしていないという現在につながっています。「ちょうど~したところだ」というような意味合いになりますが、よくよく考えると、この表現は過去で起こったことと現在が近い時間で起こっているケースが多いです。絶対というわけではありませんが、現在と近いからこそ、現在につながりやすいわけですね。でもそれも結果的にそうなりやすいだけであって、本質的にはこれが守られているだけです↓

昔に起こったことが現在につながる

 

継続用法

I’ve lived in Osaka for 10 years.
大阪に10年住んでいます。

これも全く同じ考え方です。10年前から大阪に住み始めて、その過去を現在へとhaveでつなげているわけです。だから結果的に10年間続くこと、つまり「継続」していることに関して現在完了が使えるというわけです。ここで注意しておきますが、ちゃんと現在も住んでいないと現在完了は使えません。昔、10年大阪に住んでいたのであれば、現在へのつながりがありませんからね。必ず、現在につながりがあるときは現在形のhaveを使います。

昔に起こったことが現在につながる = 現在完了

 

経験用法

I’ve seen wallabies twice.
ワラビーを2回見たことがあります。

過去分詞形は昔に済んだこと、haveは現在に取り込む、でした。昔にワラビーを2回見たんですね。その2回見たという事実が現在につながっているので、2回見たことがある、現在までに2回ワラビーを見たという経験がある、と伝えているわけです。わざわざ経験用法と覚えるようなことではなく、文脈上、昔に起こったことを現在に取り込んだら、経験として理解できたまでのことです。考え方は一貫してこうです↓

昔に起こったことが現在につながる = 現在完了

 

これをしっかり押さえて、現在完了の考え方をカスターしてください!

 

まとめ!


 

現在完了 = 昔に起こったことが現在につながる

have = 取り込む

過去分詞形 = すでに済んだこと(※受け身の意味もあります)

用法を覚えるのではなく、文脈上、昔に起こったことが現在に取り込まれるとどんな意味に捉えられるかをしっかり考えること!