無料体験

ExerciseとTrainingの違いって何?Pictureの意味とコロケーション

Update :

日本語では「トレーニング」という言葉は運動を表す意味合いで使われることが多いですね。

でも英語では少し違います。

英語でざっくり「運動」を表す言葉に”Exercise”と”Training”という言葉がありますが、この2つの単語はどう違うのでしょうか?

 

TrainingとExerciseの違い

 

ExerciseとTrainingの違い

 

早速、結論です!

 

Exercise即効果を出すために行う行動。
Training長期的な目標を達成するための計画的な行動。

 

つまり、そこに健康維持以外の明確な目標があるかどうかという違いです。

とりあえず体をなんとなくでも動かしていればExerciseにはなりますが、なんとなく体を動かしているだけでは筋力増強にはなりません。

特定の部位に筋肉をつけたいということであれば、長期的な計画を立て、集中的な鍛錬が必要になりますよね?

これが英語の”Training”なんです。

 

ExerciseもTrainingも体を動かすことに限った言葉ではありません

 

もう1度、意味を確認しましょう。

 

Exercise即効果を出すために行う行動

Training長期的な目標を達成するための計画的な行動

 

こういう意味でしたね!

 

これを運動以外の他の分野にも当てはめてあげるとわかりやすいかもしれません。

それではExerciseとTrainingを使ったコロケーションを見て、その違いを確認してみましょう!

 

ExerciseTrainingだけ知っててもダメ!
使い方を知らないと会話では使えない!

 

それではExerciseやTrainingはどんな表現でよく使われるのでしょうか?

 

まずはExercise!

 

適度な運動 Moderate exercise 

有酸素運動 Aerobic exercise 

有酸素運動 Cardiovascular exercise

頭の体操  Mental exercise

 

どれも健康を促進するような内容ですね。

そこまで長期的で具体的な目的がない場合はExerciseという言葉が好まれるようです。

 

 

それではTraining!

 

技能講習     Skills training

マネジメント研修 Managerial training

職業訓練     Professional training

筋力トレーニング Resistance training (weight training)

 

 

こちらは特定の分野の能力をつける目的で行われる行動です。

こういった内容はTrainingという言葉が使われるのですね。

 

どちらも「運動する」の「する」に当たる言葉は”do” や”get”や”take”を使います。

日常会話ではExerciseもTrainingもどちらも同じような意味で使われていますが、細かい意味の違いが表現の使用頻度に影響しているのですね。

 

こういう言葉の組み合わせを「コロケーション」といいます。

コロケーションについてもっと詳しく知りたい方はこちらから↓

 

コロケーションを知れば、会話力が上がります!

 

自分の意見を英語で書いてみよう!

 

What areas of English do you need to improve?
(英語のどの分野を向上させたいですか?)

 

<English>
I would like to improve my spoken English. For the past 5 years, I have been talking with people from different cultures in English and it certainly helped me a lot. However, I feel like I’m stuck in a rut. Now I’m trying to find a way to further improve my conversation skills. I recently noticed that I can get my message across but I’m not using the right collocation. I would like to train myself to use the right expressions that sound natural in English language. For the next 3 months, I’ll focus on this area through reading exercises. Here, “training” is used to achieve a long-term goal of using the proper collocation and “exercise”, or the means of reaching that goal, is to do a lot of reading.

 

<日本語訳>
スピーキング力をつけたいです。過去5年間、ずっと英語でいろんな文化の人と話をしてきて、確かに力になったと思います。でも今は成長してないなという感じがしています。そこでさらに会話力をつける方法を探しています。最近気づいたのですが、自分の意見を理解してもらうことはできるのですが、正しいコロケーションを使っていないようです。自然な英語に聞こえる正しい表現を使うために訓練をしようと思います。これから3ヶ月はリーディング練習を通して、コロケーションの勉強に集中しようと思います。ここで、「training」という言葉は正しいコロケーションを使うという長期的な目標を達するために使われていて、目標を達成するための手段としての「exercise」とはたくさんリーディングをすることです。

 

ディスカッションに参加してみよう!

 

福島英語塾ではこのようなトピックを扱って英語で話し合うイベントを開催しています。

英語はある程度話せるけれども、日常会話以上に込み入った話をする場所がない。

もっと考え方や社会問題やいろんな文化について話してみたい、という方にオススメのイベントレッスンです!

1回1時間1,000円で受けられるというのもお得!!
さらに、すでに福島英語塾の塾生(現役生のみ)であれば、何回参加しても無料です!

一度参加してみたい!という方はぜひ以下のリンクから詳細をご覧ください。

 

福島英語塾イベントレッスン詳細はこちらから