無料体験

辞書で引っかかりにくい!「鼻水を吸い取る」って時の「鼻水」って英語で何て言う?

Update :

「鼻水を吸い取る」ってどんな状況だ(笑)って感じかもしれませんが、
小さな赤ちゃんの鼻水を吸い取ってあげたい状況があるんですよね。

 

大人は鼻をかめますが、赤ちゃんはそれができない。
だから、大人がしてあげないと。

そんな状況で使う「鼻水」って英語でなんて言うんでしょう?

 

そもそも「鼻水」って何て言う?

 

鼻水を辞書で調べたら、よくヒットする英語はこんな表現が出てきます↓

 

I have a runny nose.

 

My nose is running.

 

どちらも“runny”って単語を使っています。
これ、“run(走る)”って動詞の形が変わったものです。
なんで“run”は走るって意味なのに鼻水で出てくるの?と思うかもしれませんが、
runにはいろんな意味があるんですよ!

【runの意味】

  • 走る
  • 逃げる
  • (選挙に)立候補する
  • 運行する
  • (機械)が作動する
  • (鼻水が)出る
  • (染料が)落ちる
  • 運営する
  • 手玉に取っている

 

例を挙げればキリがないですね・・・。

 

このrunという言葉、イメージをしっかりつかんでおくと理解しやすいです!

runは一定の方向にスピード感を持って進んでいく感じ。
そのイメージを頭に入れて上の一つ一つの意味を確認してみると、鼻水も鼻の穴から鼻の下へたらーんと垂れていくのが映像化できますか?それがrunのイメージです!

 

だから、鼻水が出るっていうのは

 

I have a runny nose.

 

とか

 

My nose is running.

 

 

と言えるわけです。

と、ここまでは自分で調べればわかる話なんで、僕の解説全くいらないんですが、ここから本題!
じゃあ、これはなんて言うの?

 

「鼻水を吸い取る」って時の「鼻水」って英語で何て言う?

 

赤ちゃんが鼻づまりで苦しんでいます。息ができない!困った・・・。鼻水を吸い取ってあげたい!
この気持ちを英語にしたいんです。

 

そこで「鼻水を吸い取る」の「吸い取る」は“suck”という動詞があるんです。
suckを使うってことは、その後ろに何を吸い取るの?って名詞を入れてあげないといけないんです。目的語ってやつですね。

厳密にいうと「鼻」ではなく「鼻水」を吸い取るので、一つの答えとしてはこんな英語もありです。

 

I want to suck the mucus (out of my son’s nose).

 

でも「鼻を吸う」と言っても、日本語・英語、どちらも通じます。

 

I want to suck my son’s runny nose.

だからこの文脈での「鼻水」はまさに鼻水そのものを表す

 

mucus

 

という単語を使ってもいいし、

 

runny nose

 

という単語を使ってもどちらでも良い文脈でした。

 

じゃあ、次はこんなのはどうでしょう?

 

 

『「鼻くそ」とは「鼻水」が固まったものです。』って英語で何て言う?

 

いつ使うんだよ、その英語(笑)
でも、そんな時が来たりするんですよ!w
これ、どうやって英語で表現する?!みたいな瞬間が!

で、これ、どう英語にしようかと考えるわけですが、まず文に仕上げようとする時、主語と動詞を決めないといけないじゃないですか。

そこで

 

「鼻くそ」=固まった鼻水

 

という流れ(笑)?を作ったら、

 

Boogers are XXX.

 

という文の展開ができると思います。
この展開でいくなら、runny noseという表現は入れられません。
boogersという手にとれる「もの」はイコール「固まった鼻みず」という手にとれる「もの」なので、runny noseという鼻水が出ているという「状態」を表す言葉は使えない文脈なんですね。こんな時にはきっちりものとしての「鼻水」を入れないといけない。だから

 

「鼻水」= “runny nose”(←この考え方、良くない例ですよ!)

 

というふうに機械的に覚えちゃいけないんです。

じゃあ、答えはというと、こんな感じです↓

 

 

Boogers are crusty pieces of mucus.
(鼻くそって固まった鼻水)

 

 

という感じで、mucusという言葉を使わないといけないのでした!

文脈をしっかり読み込んで単語を選ぶって大切でしょう?
僕の教える福島英語塾ではこんな勉強をやってるんです!
それでは今回はここでおしまい!

興味のある方はぜひホームページもご覧ください↓

福島英語塾ホームページ

ブログランキング参加中です!応援よろしくお願いします!
ブログランキング応援はこちらから