無料体験

【Eigoでディスカッション】2019年 7月16日(火)7月18日(木)7月20日(土)トピック

Update :

こんにちは!
福島英語塾の犬伏です。


今週も一歩踏み込んだトピックで英語で話し合いをしましょう!
今週は7月16日(火)7月18日(木)7月20日(土)の開催です。

 

 

自己紹介や趣味の話はもういらない!


 

英語を勉強しようと英会話学校に行っても、話すことは自己紹介や趣味の話ばかり!
これではもっと幅広い話題を英語で話すことはできません。福島英語塾では「Eigoでディスカッション」というテーマを決めた英語のディスカッションイベントを開催しています。この機会に、差し障りのない簡単な会話から一歩先をいく英会話の練習をしましょう!

 

 

 

開催の詳細はこちら


 

【開催日時】

火曜日18:30-19:30
木曜日19:40-20:40
土曜日12:30-13:30

 

【開催場所】
福島英語塾第2教室(502号室)

〒553-0003
大阪市福島区福島5丁目13-18福島ビル502号室

 

<参加費>
1,000円(福島英語塾受講生は何回参加しても無料)
参加は予約制となっております。以下URLの「お問い合わせ」もしくはお電話にてご連絡ください。

 


「参加申込」はこちらから

 

 

電話番号
090-4271-4567

 

<英語レベル>
TOIECで500点以上あり、かつ簡単な会話はできる方を対象にしています。
このイベントのレベルが高いと感じる方は、初級用のイベントがございますので、そちらに参加ください。
※定員(12名)に達し次第、締め切りとさせていただきます。

 

<その他>
ネットワークビジネス、宗教、商品販売などの勧誘行為は禁止しております。勧誘などを見受けられた際は犬伏までお伝えください。

 

 

 

それでは7月の第3週目のトピックをお知らせします!

 

 

 

2019年7月第3週目のトピック


 

<TOPIC 1>
Have you ever been told that you look like someone famous? Who was it? Is there someone you would like to look like?
(今までに誰か有名人に似ていると言われたことはありますか?それは誰ですか?似てたらいいなと思う人は誰ですか?)

 

このトピックは「あなたは誰かに似ていると言われたことはありますか?」というところから始まります。でも話が進んでくると、もしかしたら「モノマネ」の話に繋がるかもしれませんし、誰かに自分を似せるということで「メイクアップ」の話や「整形」の話に繋がったりするかもしれません。「モノマネ」は英語で “impersonation” 、「整形」は英語で “plastic surgery” と言います。せっかくなので、コロケーションも。「モノマネをする」は “do an impersonation”、「整形をする」は “get plastic surgery”です。話すときは単語だけを知っていてもなかなか話せないですよね?そこで「コロケーション」、つまり「言葉の相性」を知っておけば、会話が少し楽になりますよ!

 

 

<TOPIC 2>
A picture is worth a thousand words. Do you agree or disagree?
(一枚の絵は千語に匹敵する。賛成?反対?)

 

写真を見れば、昔の思い出が一気に蘇ってきます。曖昧な言動で事実が見えてこないとき、写真は動かぬ証拠ともなり得ます。そうは言いつつ、事実がうまく切り取られ、意図的に別の解釈へと導かれることだってあります。本当に絵は多くを語っているのでしょうか?

ところでpictureという単語とphotoという単語はどう違うのでしょうか?どちらも “take a picture/photo” で「写真を撮る」という意味ですが、何か違いがあるのでしょうか?詳しい内容はこちらから。

 

 

PicturePhotoの違いって何?Pictureの意味とコロケーション

 

 

<TOPIC 3>
For the first time in human history, atmospheric levels of carbon dioxide registered at 415 parts per million. Researchers and scientists at measuring stations are saying that it has not been this high since 3 million years ago, some simply stating “We don’t know this planet.” To best fix this issue, some have suggested that a carbon tax be put in place to control how much CO2 people, companies and their industries produce while charging them for it.

The tax would promote and encourage more environmentally friendly alternatives to energy all while reducing pollution. However, some economists believe that the tax would simply slow the economy down even further and companies would just shift work overseas to countries with less regulation, essentially sidestepping the issue altogether. What do you think is the best solution to issues surrounding CO2 emissions and pollution?
(人類史上初めて、待機中の二酸化炭素濃度が415ppmを記録しました。観測所の研究者や科学者が伝えるところでは、300万年前から今に至るまでこれほど高い数値を記録したことなく、「これは私たちの知らない惑星だ」という研究者もいます。この問題を解決する最善策として、炭素税を課し、そこから徴税しつつ、人、会社、産業界が排出する二酸化炭素を制御するべきだという提案もあります。

炭素税を課すことで汚染を減らしつつ、従来のエネルギーに変わるより環境に優しいエネルギーの促進・奨励が可能です。しかし、一部の経済学者は、炭素税は経済をさらに減速させ、企業は規制の緩い国へと移行してしまい、実質的に問題を回避してしまうだろうと見込んでいます。炭素排出および汚染問題解決の最善策とは何だと思いますか?)                    

 

地球温暖化という言葉を耳にして、随分と年月が経ちますが、二酸化炭素はいつから増え始めたのでしょう?二酸化炭素が増え始めたのは1850年ごろで、産業革命がきっかけと言われています。これが問題として認識されたきっかけが、1985年にオーストラリアで行われた世界会議です。1925年ほどまでは80万年遡っても300ppmを超えることはなかったのですが、驚くべきことに1950年ごろから現在に至るせいぜい70年の間に400ppmを超える数値となっているのです。数字を見るだけでも異常事態であることがわかりますね。簡単な解決策は木を植えることですが、この方法すら賛否両論があります。賛成意見はもちろんのこと、反対意見としては地球環境に対して意味のある効果を与えるには時間がかかりすぎる、という意見もあります。一つの解決策がどう影響するのか、未来を予測して議論をしてみましょう!

  

                    ※トピックの無断転載禁止


 

参加を希望される方は以下の「お問い合わせ」から「Eigoでディスカッション参加」と記入し、ご連絡ください。
http://www.fuku-eigo.com/contact.html

 

ブログランキング参加中です!応援よろしくお願いします!
https://blog.with2.net/link/?1951309