無料体験

【Eigoでディスカッション】2019年 3月5日(火)3月7日(木)3月9日(土)トピック

Update :

こんにちは!
福島英語塾の犬伏です。


今週も一歩踏み込んだトピックで英語で話し合いをしましょう!
今週は3月5日(火)3月7日(木)3月9日(土)の開催です。

 

 

自己紹介や趣味の話はもういらない!


 

英語を勉強しようと英会話学校に行っても、話すことは自己紹介や趣味の話ばかり!
これではもっと幅広い話題を英語で話すことはできません。福島英語塾では「Eigoでディスカッション」というテーマを決めた英語のディスカッションイベントを開催しています。この機会に、差し障りのない簡単な会話から一歩先をいく英会話の練習をしましょう!

 

 

 

開催の詳細はこちら


 

【開催日時】

火曜日18:30-19:30
木曜日19:40-20:40
土曜日12:30-13:30(第1部)13:40-14:40(第2部)

 

【開催場所】
福島英語塾第2教室(502号室)

〒553-0003
大阪市福島区福島5丁目13-18福島ビル502号室

 

<参加費>
1,000円(福島英語塾受講生は何回参加しても無料)
参加は予約制となっております。以下URLの「お問い合わせ」もしくはお電話にてご連絡ください。


「お問い合わせ」はこちらから

http://www.fuku-eigo.com/contact.html

 

電話番号
090-4271-4567

 

<英語レベル>
TOIECで500点以上あり、かつ簡単な会話はできる方を対象にしています。
このイベントのレベルが高いと感じる方は、初級用のイベントがございますので、そちらに参加ください。
※定員(12名)に達し次第、締め切りとさせていただきます。

 

<その他>
ネットワークビジネス、宗教、商品販売などの勧誘行為は禁止しております。勧誘などを見受けられた際は犬伏までお伝えください。

 

 

 

それでは3月の第1週目のトピックをお知らせします!

 

 

 

2019年3月第1週目のトピック


 

<TOPIC 1>
Which animal do you like to have as pets?
(どの動物をペットとして買いたいですか?)

 

もしどんな動物でも飼えるとしたら、どんな動物が良いですか?一般的によく飼われている犬や猫でも構いませんし、ワシントン条約で取引が規制されているゴリラやパンダでも構いません。どう猛な動物も現実的に飼うことが難しいですが、ライオンやトラが飼えるとしたら?もしかしたらあなたはペットをそもそも飼いたくないかもしれません。それも良いでしょう。今回はペットを飼うことについて色々と話をしてみましょう!

 

 

<TOPIC 2>
No one can make you feel inferior without your consent.
Do you agree or disagree?
(自分の同意なしに誰もあなたに劣等感は抱かせられない。賛成?反対?)

 

「No one can make you feel inferior without your consent.」という名言はアメリカ合衆国第32代大統領フランクリン・ルーズベルトのファーストレディーであるエレノア・ルーズベルトの言葉です。学校や職場で社会生活を送る中で他人と自分を比べてしまうこともあるでしょう。そして他人が自分より良い成績を残していたり、良い仕事をしていたりすると劣等感を感じてしまうかもしれません。しかし他人との差に劣等感を感じる人もいれば、感じていない人もいます。その差は何なのでしょう?エレノア・ルーズベルトの言葉を借りれば、自分が劣等感を感じるということに同意(consent)するからこそ、劣等感を感じてしまうのだということです。究極的には「目的論」に基づいて人生を生きているか「原因論」に基づいて生きているか、という生き方の問題です。あなたはどういう考えに基づいて毎日を生きていますか?

 

 

<TOPIC 3>
Police are not allowed to intervene in civil affairs, but some scam artists take advantage of the nonintervention by the police. In one case, some con artist overcharged customers for drinking and argued with them right in front of the police station. This is outrageous. Don’t you think police should intervene in civil affairs?
(警察は民事不介入を守りますが、これを逆手に取る詐欺師もいます。中には、飲み代をぼったくり、警察署の目の前で口論する詐欺師もいます。これは許しがたい行為です。警察は民事に介入するべきだとは思いませんか?) 

 

「民事不介入」という言葉を聞いたことがありますか?警察は基本的に犯罪とは関係のない問題に関しては立ち入らない、という考え方です。例えば、友達と何らかのトラブルになったとしても警察が解決してくれるわけではありません。犯罪になった瞬間に刑事事件という扱いで、警察は始めて動き出します。でも犯罪は実際に事件が起こる前から火種は起こっているわけです。わかりやすい例がぼったくりやストーカー被害です。事件になる前に騙されたり、怖い思いをしたりするわけです。こういったケースから身を守るためにも警察には事前に対策を立ててほしいと思いませんか?

   

 

                                                                               トピックの無断転載禁止


 

参加を希望される方は以下の「お問い合わせ」から「Eigoでディスカッション参加」と記入し、ご連絡ください。
http://www.fuku-eigo.com/contact.html

 

ブログランキング参加中です!応援よろしくお願いします!
https://blog.with2.net/link/?1951309