無料体験

【Eigoでディスカッション】2019年 2月19日(火)21日(木)23日(土)トピック

Update :

こんにちは!
福島英語塾の犬伏です。


今週も一歩踏み込んだトピックで英語で話し合いをしましょう!
今週は2月19日(火)21日(木)23日(土)の開催です。

 

 

自己紹介や趣味の話はもういらない!


 

英語を勉強しようと英会話学校に行っても、話すことは自己紹介や趣味の話ばかり!
これではもっと幅広い話題を英語で話すことはできません。福島英語塾では「Eigoでディスカッション」というテーマを決めた英語のディスカッションイベントを開催しています。この機会に、差し障りのない簡単な会話から一歩先をいく英会話の練習をしましょう!

 

 

 

開催の詳細はこちら


 

【開催日時】

火曜日18:30-19:30
木曜日19:40-20:40
土曜日12:30-13:30(第1部)13:40-14:40(第2部)

 

【開催場所】
福島英語塾第2教室(502号室)

〒553-0003
大阪市福島区福島5丁目13-18福島ビル502号室

 

<参加費>
1,000円(福島英語塾受講生は何回参加しても無料)
参加は予約制となっております。以下URLの「お問い合わせ」もしくはお電話にてご連絡ください。


「お問い合わせ」はこちらから

http://www.fuku-eigo.com/contact.html

 

電話番号
090-4271-4567

 

<英語レベル>
TOIECで500点以上あり、かつ簡単な会話はできる方を対象にしています。
このイベントのレベルが高いと感じる方は、初級用のイベントがございますので、そちらに参加ください。
※定員(12名)に達し次第、締め切りとさせていただきます。

 

<その他>
ネットワークビジネス、宗教、商品販売などの勧誘行為は禁止しております。勧誘などを見受けられた際は犬伏までお伝えください。

 

 

 

それでは2月の第3週目のトピックをお知らせします!

 

 

 

2019年2月第3週目のトピック


 

<TOPIC 1>
Who would you start your business with? Your friends
, family, people with similar interests, people from different background,
or alone?
(あなたなら誰とビジネスを始めますか?友達?家族?同じような興味を持った人?バックグラウンドの違う人?それとも一人で始めますか?)

 

かの有名なアップルの創業者で知られるスティーブ・ジョブスはスティーブ・ウォズニアックと一緒にアップルを立ち上げました。ホンダの創業者である本田宗一郎は経営を藤沢武夫に任せ、自分は技術者として力を発揮しました。このようにビジネスを始める時にはパートナーが大切なようです。あなたがビジネスパートナーを求めるなら、どんな人物が良いですか?身近な人?自分とは全然違うタイプの人?特定の要件を満たす人?あなたにとってパートナーに求める要素はなんですか?みんなで話し合って見ましょう!

 

 

<TOPIC 2>
You are what you eat.
Do you agree or disagree?
(健康は食べ物で決まる。賛成?反対?)

 

知っていますか?1日3食食べ、80年生きたとすると私たちはなんと8万から9万回ほど食事を摂るのです。食べる回数に限りがあると思うと、食べるものに気をつけようと思いませんか?ファストフードばかり食べていると体に良くありません。また健康を気にしすぎるとかえってストレスがかかり、健康を害することもあるようです。食事は生きるためだけではなく、楽しみでもあります。あなたが日々食べているものを振り返り、自分にとって「食」とはどんな意味があるのか話し合いましょう。

 

 

<TOPIC 3>
Now all the countries in the world except the U.S.
, Myanmar, and Liberia use the metric system. The metric system is to use a measurement unit such as meter for length, gram for weight, and liter for capacity. The United States and the two other countries use the U.S. customary system such as inch, yard, and mile for length, ounce and pound for weight, and pint, gallon,
and barrel for capacity. These differences are confusing! Should the U.S. switch to the metric system?
(現在、アメリカ、ミャンマー、リベリアを除く全ての国でメートル法を採用しています。メートル法とは長さにメートル、重さにグラム、容量にリットルを使うような測定の単位を使うことです。アメリカ、ミャンマー、リベリアは長さにインチやヤード、マイル、重さにオンスやポンド、容量にパイントやガロン、バレルといった米国慣用単位を使っています。このような違いは混乱を招きます。アメリカはメートル法に変えた方が良いと思いますか?) 

 

日本では昔、尺貫法という単位を使っていました。尺は長さに、貫は質量(量)に使用していました。現在でも「尺八」なんて言葉で残っていますね。それが1992年に計量法が制定され、国際的に共通の単位が採用されました。海外に行ったときに単位が違うとどれくらいの長さや量なのか想像がつきません。でも困ったことにアメリカでは米国慣用単位という別の基準があるのです。国際化が進む中で単位を統一しないというのはものすごく困ると思うのですが、経済大国アメリカは未だに米国慣用単位を使い続けています。これってややこしいことだと思いませんか?

   

 

                                                                               トピックの無断転載禁止


 

参加を希望される方は以下の「お問い合わせ」から「Eigoでディスカッション参加」と記入し、ご連絡ください。
http://www.fuku-eigo.com/contact.html

 

ブログランキング参加中です!応援よろしくお願いします!
https://blog.with2.net/link/?1951309