無料体験

【Eigoでディスカッション】2018年9月25日(火)27日(木)29日(土)トピック

Update :

こんにちは!
福島英語塾の犬伏です。


今週も一歩踏み込んだトピックで英語で話し合いをしましょう!

 

 

自己紹介や趣味の話はもういらない!


 

英語を勉強しようと英会話学校に行っても、話すことは自己紹介や趣味の話ばかり!
これではもっと幅広い話題を英語で話すことはできません。福島英語塾では「Eigoでディスカッション」というテーマを決めた英語のディスカッションイベントを開催しています。この機会に、差し障りのない簡単な会話から一歩先をいく英会話の練習をしましょう!

 

 

 

開催の詳細はこちら


 

【開催日時】

火曜日18:30-19:30
木曜日19:40-20:40
土曜日12:30-13:30(第1部)13:40-14:40(第2部)

 

【開催場所】
福島英語塾第2教室(502号室)

〒553-0003
大阪市福島区福島5丁目13-18福島ビル502号室

 

<参加費>
1,000円(福島英語塾受講生は何回参加しても無料)
参加は予約制となっております。以下URLの「お問い合わせ」もしくはお電話にてご連絡ください。


「お問い合わせ」はこちらから

http://www.fuku-eigo.com/contact.html

 

電話番号
090-4271-4567

 

<英語レベル>
TOIECで500点以上あり、かつ簡単な会話はできる方を対象にしています。
このイベントのレベルが高いと感じる方は、初級用のイベントがございますので、そちらに参加ください。
※定員(12名)に達し次第、締め切りとさせていただきます。

 

<その他>
ネットワークビジネス、宗教、商品販売などの勧誘行為は禁止しております。勧誘などを見受けられた際は犬伏までお伝えください。

 

 

 

それでは9月の第4週目のトピックをお知らせします!

 

 

 

2018年9月第4週目のトピック


 

<TOPIC 1>
What do you do for your health?
(健康のために何かしていますか?)

 

みなさん、ご存知の通り、日本の平均寿命は世界一長いです。世界保健機構の2015年のデータによると、日本人の平均寿命は83.7歳です。この情報だけ見れば、日本人って健康なんだなと思いますよね。でもまた別の指標として、健康寿命というのがあります。これは寝たきりなどの状態ではなく、健康に生活が送れている年齢のことです。こちらも世界保健機構の2015年のデータを見ると、74.9歳という数字が出ています。約10年もの差がありますね。つまり数値上、10年間も不自由な生活をする期間があるということです。少しでも長く健康に生きるためには日々、規則正しい生活を送りましょう!というのは、簡単ですが、具体的に健康のためにあなたは何をしていますか?

 

 

<TOPIC 2>
Japanese people tend to beat around the bush.
Do you agree or disagree?
(日本人は遠回しに言いがち。賛成?反対?)

 

日本人の「はい」と「いいえ」ははっきりしていないので、分かりにくいですね。周りとの協調性を保つためでしょうか?それとも対立することを避けたいからでしょうか?関西人あるあるですが、「行けたら行く」はほぼほぼイコール「行かない」です(笑)。「大丈夫です」という言葉も文脈に依存した表現で、分かりにくいですね。問題がないかどうかの確認の言葉でもあれば、「いいえ」を遠回しに伝える言葉でもあります。日本人の曖昧な表現やなぜ日本人は曖昧なのか、いろんな視点で話し合ってみましょう!

 

 

<TOPIC 3>
Did you know electric vehicles (EV) were already available in the mid 19th century? Unlike conventional cars fueled by oil, EVs are powered by electricity. Now with increasing oil prices and environmental concerns, EVs are regaining its popularity. However, they will never replace gas powered automobiles unless EV infrastructure is adequately built up.Another hurdle is that it takes up to 8 hours to charge the battery at home. We also have some other alternatives such as plug-in hybrid electric vehicles known as PHEV. What can we do to make EVs go mainstream?
(電気自動車(EV)は19世紀中旬にはすでに使われていたってご存知でしたか?既存の石油で動く自動車と違って、EVは電気を動力としています。現在、石油価格の高騰や環境問題を背景に、EVは再び脚光を浴びています。しかしEV用のインフラが整わない限り、既存の自動車に取って代わることはできません。さらに家庭で充電するのに最大8時間もかかることも課題です。またプラグインハイブリッド(PHEV)と呼ばれる乗り物も世に出ているわけです。EV車が今後主流となるにはどうすれば良いでしょう?)

 

電気自動車は昨今の石油価格の高騰や環境問題を受けて、突然出てきたものではありません。実は1873年に初めての実用的な電気自動車が作られました。その後は石油価格の高騰や環境問題といった現代と同じ理由で、度々電気自動車の普及が求められてきました。しかしその度に課題が生まれ、それを解決できないまま、電気自動車は日の目を見ないまま、廃れていきました。しかし今、技術革新や世界的な電気自動車へ転換する動きがあります。例えば、フランス政府は2040年までにガソリンとディーゼル車の販売を禁止することを決めています。つまりもうフランスはガソリン車の使用には戻れないのです。今回、日本人としての立場としてでも良いですが、仮にフランス国民だとして何としてでもEV車を普及させないといけない、というミッションがあったとしましょう。その目標に向けて、今あなたは国レベルで何をしないといけないと思いますか?まずはEV車の使用の是非について話し始め、後々、この問題に対して解決法をブレインストーミングしていきましょう!

                                                                                                     トピックの無断転載禁止


 

参加を希望される方は以下の「お問い合わせ」から「Eigoでディスカッション参加」と記入し、ご連絡ください。
http://www.fuku-eigo.com/contact.html

 

ブログランキング参加中です!応援よろしくお願いします!
https://blog.with2.net/link/?1951309