無料体験

【Eigoでディスカッション】2018年5月8日(火)10日(木)12日(土)トピック

Update :

こんにちは!
福島英語塾の犬伏です。


今週も一歩踏み込んだトピックで英語で話し合いをしましょう!

 

 

自己紹介や趣味の話はもういらない!


 

英語を勉強しようと英会話学校に行っても、話すことは自己紹介や趣味の話ばかり!
これではもっと幅広い話題を英語で話すことはできません。福島英語塾では「Eigoでディスカッション」というテーマを決めた英語のディスカッションイベントを開催しています。この機会に、差し障りのない簡単な会話から一歩先をいく英会話の練習をしましょう!

 

 

 

開催の詳細はこちら


 

【開催日時】

火曜日18:30-19:30
木曜日19:40-20:40
土曜日12:30-13:30(第1部)13:40-14:40(第2部)

 

【開催場所】
福島英語塾第2教室(502号室)

〒553-0003
大阪市福島区福島5丁目13-18福島ビル502号室

 

<参加費>
1,000円(福島英語塾受講生は何回参加しても無料)
参加は予約制となっております。以下URLの「お問い合わせ」もしくはお電話にてご連絡ください。


「お問い合わせ」はこちらから

http://www.fuku-eigo.com/contact.html

 

電話番号
090-4271-4567

 

<英語レベル>
TOIECで500点以上あり、かつ簡単な会話はできる方を対象にしています。
このイベントのレベルが高いと感じる方は、初級用のイベントがございますので、そちらに参加ください。
※定員(12名)に達し次第、締め切りとさせていただきます。

 

<その他>
ネットワークビジネス、宗教、商品販売などの勧誘行為は禁止しております。勧誘などを見受けられた際は犬伏までお伝えください。

 

 

 

それでは5月の第2週目のトピックをお知らせします!

 

 

 

2018年5月第2週目のトピック


 

<TOPIC 1>
How much sleep do you usually get every night? Is that enough for you?
(毎晩どれくらい睡眠をとっていますか?今の睡眠で十分ですか?)

 

睡眠の大切さをわざわざここで伝える必要はないでしょう。大切なのはわかっているけれども、状況を変えられないのが現代人です。仕事に追われ、寝る間も惜しんで頑張るビジネスマン。赤ちゃんの夜泣きで起こされてしまう夫婦。受験勉強で遅くまで単語を暗記しようと机に向かう受験生。皆さん、それぞれ眠気と戦いながら毎日を過ごしています。睡眠の話になると「何時間寝ているか」ということが焦点になることが多いですが、「眠りの質」についてはあまり話されません。まずはどれくらいの時間寝ているかの話をしてみて、話が煮詰まってきたら眠りの質について話してみて下さい。他にも以下のキーワードを調べてみると会話に役立つでしょう。

 

Microsleep(マイクロスリープ)
REM (Rapid eye movement)sleep(レム睡眠)
Circadian rhythm(サーカディアンリズム)※体内時計のことです

 

 

<TOPIC 2>
Only those who will risk going too far can possibly find out how far one can go. Do you agree or disagree?
(大きなリスクを負う人だけが自分の可能性の限界を知ることができる。賛成?反対?

 

「Comfort zone」という表現を聞いたことはありますか?日本語では「居心地の良い場所」という意味です。この範囲にいる限りは自分の慣れた環境ということでストレスはほとんどありません。しかし、成長や可能性も感じることができません。新しいことに挑戦するということはこの「comfort zone」を超えることを意味します。日本語では「リスク」という言葉はマイナスな意味で使われることが多いですが、本来「risk」とはプラス・マイナス両方の可能性を認識した上で行動を起こすことを意味します。つまり「comfort zone」の外に抜け出すことにはマイナスの要素もあれば、プラスの要素もあるわけです。今回のトピックでは自分の体験などを織り交ぜて会話をしていくとユニークな意見が生まれるのではないかと思います。他にも以下のキーワードを調べて、発言力を高めて下さいね。

 

Leverage(レバレッジ)
Risk hedge(リスクヘッジ)
Self-affirmation(セルフアファメーション)

 

 

<TOPIC 3>
GMO or Genetically Modified Organisms often refers to plants and animals that have been changed in some way through human intervention. Mankind has been doing it for thousands of years and because of this practice the way we grow food has changed dramatically. By changing crops, we have made plants more resistant to certain substances, which allows us to grow plants we want and kill the ones we do not. With the advent of certain pesticides, 90% of US grown crops are now resistant to weed killers, particularly glyphosate. Glyphosate itself is the least harmful, but it is widely used, which means that most GM food is grown with reliance on glyphosate. This in turn leads to corporations controlling the way modern agriculture and food supply. With the need for more food increasing each year, we are slowly heading towards unsustainability. What do you think of GM foods? What can be done to avoid possible collapse of our agriculture and ecosystem?
(GMO、つまり遺伝子組換え生物とは人為的に何らかの変化を生じさせた動植物のことを言います。人類は何千年も前からこのようなことを行っており、こういった慣習があったからこそ、食物を生み出す方法が劇的に変わりました。農作物に変化を与えることで、一定の物質に対し耐性をつけさせることが可能になっています。そのため必要な植物は育て、不必要な植物は駆除することが可能になりました。農薬の出現により、アメリカで育つ農作物の90%は除草剤、特にグリフォセートという除草剤に対し耐性を持っています。グリフォセート自体はほとんど害はないのですが、広く使用されているため、ほとんどの遺伝子組換え食品はグリフォセートなしには育ちません。こうして企業が現代の農業や食の供給を制御するようになるのです。食の需要が年々高まっていく中で、ゆっくりと持続性を失っていっているのです。あなたは遺伝子組換え食品についてどう思いますか?農業や生態系の崩壊の可能性を摘み取るために何ができるのでしょうか?)

 

いつの時代も食の安全性が求められています。日本の食も決して安全とは言えません。日本でだけ日常生活を送っていると外国との違いを比較する意識はあまり生まれないかもしれません。私たちの日常が当たり前のように感じられます。しかし、例えば、日本の野菜というのは各国に比べ、非常に多くの農薬を使用しているのです。またEUでは使用を禁止されているネオニコチノイド系農薬も日本ではいまだに使用されています。また遺伝子組換え食品については、よく「遺伝子組換えではない」という表記を目にすると思います。ただ商品が主な原材料でない限りはこの表示義務はありませんし、含有量が5%未満の場合は遺伝子組換え項目には当てはまりません。食の需要を世界規模で満たすことはできても、それを口にする人間の健康を害してしまうのは食のあり方としていかがなものでしょう?この問題について一緒にディスカッションしていきましょう。

 

                                  トピックの無断転載禁止


 

参加を希望される方は以下の「お問い合わせ」から「Eigoでディスカッション参加」と記入し、ご連絡ください。
http://www.fuku-eigo.com/contact.html

 

ブログランキング参加中です!応援よろしくお願いします!
https://blog.with2.net/link/?1951309