無料体験

【2校目記念!参加費1ヶ月間、ずっと無料!】【Eigoでディスカッション】2018年4月17日(火)19日(木)21日(土)トピック

Update :

こんにちは!
福島英語塾の犬伏です。

 

福島英語塾が開講してから3年、ついに2018年4月より2校目がオープンしました!
そこで参加者の方には嬉しいお知らせです!

 

 

 

2018年4月は何回参加してもイベントは無料!

 

 

ぜひ、この機会にたくさん英語のアウトプットを鍛えていきましょう!

 

開催するイベントは「Eigoでディスカッション」
コンセプトはこちら↓

 

 

 

自己紹介や趣味の話はもういらない!


 

英語を勉強しようと英会話学校に行っても、話すことは自己紹介や趣味の話ばかり!
これではもっと幅広い話題を英語で話すことはできません。福島英語塾では「Eigoでディスカッション」というテーマを決めた英語のディスカッションイベントを開催しています。この機会に、差し障りのない簡単な会話から一歩先をいく英会話の練習をしましょう!

 

 

 

開催の詳細はこちら


 

【開催日時】

火曜日18:30-19:30
木曜日19:40-20:40
土曜日12:30-13:30(第1部)13:40-14:40(第2部)

 

【開催場所】
福島英語塾第2教室(502号室)

〒553-0003
大阪市福島区福島5丁目13-18福島ビル502号室

 

<参加費>
4月は何回参加しても無料!
参加は予約制となっております。以下URLの「お問い合わせ」もしくはお電話にてご連絡ください。

「お問い合わせ」はこちらから
http://www.fuku-eigo.com/contact.html

 

電話番号
090-4271-4567

 

<英語レベル>
TOIECで500点以上あり、かつ簡単な会話はできる方を対象にしています。
このイベントのレベルが高いと感じる方は、初級用のイベントがございますので、そちらに参加ください。
※定員(12名)に達し次第、締め切りとさせていただきます。

 

<その他>
ネットワークビジネス、宗教、商品販売などの勧誘行為は禁止しております。勧誘などを見受けられた際は犬伏までお伝えください。

 

 

 

それでは4月の第3週目のトピックをお知らせします!

 

 

 

2018年4月第3週目のトピック


 

<TOPIC 1>
Which type of home do you want to live in? Condominium, or detached home?
(どちらのタイプの家に住みたいですか?マンション?それとも一戸建て?)


マイホームを買うというのはおそらくほとんどの方にとって、人生で一番の出費です。ローンを組んで何十年もお金を払い続けるわけですから、慎重に購入を検討しますよね。色々考えることはあると思いますが、例えば、マンションに住みたいのか、それとも一戸建てに住みたいのか、あなたはどちらの方が良いですか?他にも、そもそも家は購入派は賃貸派かという話は今までに一度はされてきたでしょうし、立地なんかも考えると思います。都心なのか郊外なのかというのも面白いディスカッションになりそうです。いろんな比較要素を出して、自分にとってベストな家について考えてみましょう!

 

 

<TOPIC 2>
If you’re going to do something tonight that you’ll be sorry for tomorrow morning, sleep late. Do you agree or disagree?
(もし明日の朝に後悔することを今晩するのであれば、遅くまで寝ればいい。賛成?反対?)


少しわかりにくい表現なので、簡単に解説をします。例えば、自分がダイエットをしているとしたら、夜中に甘いものを食べるのは良いこととは言えません。その時に満足できたとしても次の日には後悔しているはずです。次の日に後悔するのなら、目を覚まさなかったら良いではないか、というのがこの表現の伝えるところであり、つまりは後悔するようなことがあっても、忘れてしまったり、気にかけないようにしたらいいではないか、という考えです。あなたはこの考えに賛成ですか?反対ですか?

 

 

 

<TOPIC 3>
With the recent and unfortunate shooting in Florida at Parkland there has been more and more talk as to what would cause such violence. Some argue that the access to weapons in the United States is to blame. Others argue that violence in media such as film and videogames cause people to do these things. What would cause these things? What can be done to solve this problem?
(フロリダのパークランドで起こった最近の非情な銃乱射乱射事件以降、そのような暴力がなぜ起こるかについての論争がますます展開されています。アメリカでは武器を所持することができることに問題があるという人もいます。また別に映画やゲームといった媒体での暴力が同じようなことを扇動しているという人もいます。一体何が原因なのでしょう?この問題を解決するためにどんなことができるのでしょうか?)

アメリカ社会は銃社会です。銃撃事件も度々起こっています。なのに、なぜ銃社会はなくならないのでしょう?決してアメリカ人が銃規制を求めていない訳ではないのです。アメリカ合衆国憲法修正第2条にはこのように書かれています。 “A well regulated Militia, being necessary to the security of a free state, the right of the people to keep and bear Arms, shall not be infringed.”  ざっくりいうと 「自由な“state”の安全を確保するために必要なので、武器を保持・携帯する権利は侵してはいけない」というルールです。さて、問題はこの”state”の解釈。この“state” が「州」であるならば、州の権利を、「国家」であるならば、国の権利となります。もし「国家」と解釈するならば、それは憲法改正を意味します。銃規制が難しい理由がわかっていただけるでしょう。さて、この現状に直面しながら、アメリカは銃社会規制のためにどんな解決方法を提示できるのでしょうか?

 

                                  トピックの無断転載禁止


 

参加を希望される方は以下の「お問い合わせ」から「Eigoでディスカッション参加」と記入し、ご連絡ください。
http://www.fuku-eigo.com/contact.html

 

ブログランキング参加中です!応援よろしくお願いします!
https://blog.with2.net/link/?1951309