無料体験

【Eigoでディスカッション】2018年2月<第2週>トピック

Update :

こんにちは!
福島英語塾の犬伏です。「Eigoでディスカッション」のお知らせです!
2018年2月第2週目のトピックです。

 

 

<自己紹介や趣味の話はもういらない!>


 

英語を勉強しようと英会話学校に行っても、話すことは自己紹介や趣味の話ばかり!
これではもっと幅広い話題を英語で話すことはできません。福島英語塾では「Eigoでディスカッション」というテーマを決めた英語のディスカッションイベントを開催しています。この機会に、差し障りのない簡単な会話から一歩先をいく英会話の練習をしましょう!

 

<トピック>


 

<TOPIC 1>
How dependent are we on other countries?
(どれくらい外国に依存している?)

 

小学校の時に日本は加工貿易で成長した国だと習ったかもしれません。原材料を外国から輸入し、それを加工して輸出する。これが日本経済の発展に繋がりました。そういう意味では日本は外国に依存していると言ってもいってもよいかもしれません。しかし貿易依存度という指標で考えてみると日本の外国への依存度は非常に低いのです。UNCTADの調査によると2016年の世界の貿易依存度国別ランキングで日本は207か国中191位です(資料:GLOBAL NOTE  出典:UNCTAD(United Nations Conference on Trade and Development)。なんと92位の北朝鮮よりも貿易依存度が低いのです。日本は輸出入ももちろんしますが、国内で自給自足できるだけの市場があります。そのため、貿易依存率はそこまで高くないのですね。それでも日常使うものを見てみると、色々外国産のものがあります。一つ目のトピックはIcebreakingの目的なので、比較的話しやすいレベルで話しましょう!まずは日常的に使われているものでどんなものが外国製品なのかみんなでブレインストーミングしてみましょう!

 

(資料:GLOBAL NOTE 出典:UNCTAD(United Nations Conference on Trade and Development)
https://www.globalnote.jp/post-1614.html

 

 

<TOPIC 2>
Beauty is only skin deep.
Do you agree or disagree?
(美しさは皮一枚に過ぎない。賛成?反対?)

 

Beauty is only skin deep. というのは、人の見た目は皮一枚剥いでしまえば、美しさなんてわからない、というところから外見よりも中身の方が大切だよ、ということを伝える表現なのです。You can’t judge a book by its cover(本を表紙で判断するな)という表現もありますが、人を見た目で判断してはいけないということです。美しさの定義にもよりますが、内から滲み出るような美しさもありますよね?賛成・反対はどちらでも構いません。大切なのはあなたにとって美しさとは何なのか、そしてなぜこの表現に賛成または反対しているのかきちんと意見を伝えることができること。それが大切です。結論を述べてから、自分の意見をサポートしていきましょう。

 

 

<TOPIC 3>
There are almost 200 countries in the world and about 110 countries have a drinking age of 18 or 19 years old. Some other countries including the U.S. have a minimum legal drinking age of 21 years old. What age should you start drinking alcohol and why do we have to set a minimum age for drinking?
(世界には200か国ほどの国があり、そのうちおよそ110か国では飲酒の許されている年齢は18歳か19歳以上と決められています。アメリカを含むその他の国では21歳以上が飲酒できる年齢です。何歳から飲酒は許されるべきだと思いますか?そもそもなぜ飲酒には年齢制限が設けられないといけないのでしょう?)

 

お酒ははるか昔、紀元前より飲まれています。お酒を飲むと酔っ払い、嫌なことを一時的に忘れられたり、気分が高揚したりしますね。飲むだけで気分が良くなったり現実逃避ができるのなら、どんどん飲んでも良さそうですが、そうもいかない悪影響もあります。特に未成年への影響は大きく、アサヒビール株式会社のウェブサイトでは以下のような未成年の飲酒の悪影響を記載しています。

 

脳の発達に影響する「脳障害」
二次性徴を遅らせる「性腺機能障害」
「アルコール依存症」を発症しやすい
自分も他人も傷つける、「暴力行為」や「性的非行」

 

https://www.asahibeer.co.jp/csr/tekisei/minor_drinking/why.html
(出典:アサヒビール株式会社)

 

これを見れば、未成年への飲酒禁止はきちんと守らなければなりません。では何歳からの飲酒なら許されるべきなのでしょうか?

   

                                  トピックの無断転載禁止


 

参加を希望される方は以下の「お問い合わせ」から「Eigoでディスカッション参加」と記入し、ご連絡ください。
http://www.fuku-eigo.com/contact.html

 

ブログランキング参加中です!応援よろしくお願いします!
https://blog.with2.net/link/?1951309