無料体験

“Hot” だけじゃつまらない!英語で「暑い」を表す表現【10選】

Update :

“Hot” だけじゃつまらない!英語で「暑い」を表す表現【10選】

 

こんにちは!福島英語塾の犬伏です!

2018年の夏は異常なほどに暑い日が続いていますね!
これだけ暑い日が続くと会話でもこの夏の猛暑の話がよく出てきてませんか?
でも英語で伝える時に “hot” しか出せないと悔しいですね!
今回は “hot” 以外にも色々ある「暑い」を解説していきます!

 

“Hot” 以外に「暑い」ってなんて言うの?


 

会話の始まりに天気の話をするのは何もイギリス人だけではありません。日本人も「今年は暑いねぇ~」とか「去年は寒かったねぇ~」と毎年同じ話を繰り返していませんか?こういう話を始めると会話をすんなりと始めることができていいですね!

 

よく会話に出てくるのであれば “It’s really hot!” だけじゃなく、もっと表現の幅があった方が微妙なニュアンスを伝えることができます!そこで “hot” 以外の「暑い」10選をお伝えします!

 

“Hot” 以外の「暑い」表現10選!


 

It’s boiling!

 

“boil” というのは「沸騰する」とか「煮える」というような意味があります。水が沸騰する映像を思い浮かべれば、 “boiling”がいかに暑そうか分かりますね!

 

It’s scorching!

 

“scorch”というのは「焦げる」というような意味があります。日常会話で使われる意味では「(人や車などが)高速に動く」という意味もあります。

 

 “The sun is scorching my skin.” と言えば、文字どおり「太陽が肌を焼く」ようなイメージです。とっても暑そうですね!

 

It’s sizzling.

 

“sizzle”というのは「(お肉やバターなんかが)ジュージュー音を立てる」ことを意味します。BBQでお肉を焼いていたら、ジュージューと音を立てて脂が滴るようなイメージがありますね!

 

太陽が人の肌をジュージューと焼いているイメージで考えると、これは耐えられないほどの暑さが伝わってきます!

 

It’s sweltering.

 

Swelterというのは「不快なほど暑い」という意味です。

 

“swelter”は元々ドイツ語由来の言葉で “perish” つまり「 滅びる・死ぬ」という言葉を基にしています。日本語で言うところの「死ぬほど暑い!」という感じでしょうか。

 

It’s so hot you could fry an egg on the sidewalk.

 

一つ、変わり種も紹介します!「暑すぎて歩道で卵が焼ける」と言う表現です。

 

ちょっと文法の話をします。“It’s so hot (that) you could fry an egg on the sidewalk.” という文ですが、”so ~ that”という展開になっていますね。 “so”には「それくらい」という意味があって、「それくらいってどれくらい?」っていう受け皿が必要です。その受け皿が “that”であり、どれくらい暑いのかを説明します。だから “so ~ that” は「とても~なので・・・だ」というような展開になるわけです!

 

本当に歩道で卵が焼けるのかはわかりませんが、それくらいに暑いんだ、ということを伝える面白い表現ですね!

 

さて、ここまで「暑い」の英語を紹介してきましたが、日本の暑さは何も温度の話だけではありません!

 

日本の暑さの原因は「湿気」です。これもいくつかバリエーションをお伝えします!

 

It’s humid.

 

“humid”という言葉を知っている方も多いかもしれません。おそらく日本の暑さを伝える上で「湿気のある」という日本語の英訳として一番最初に出会う言葉だと思います。

 

でもやっぱり表現の幅を広げることには価値があります。そこで他にも「蒸し蒸しする」を伝えるような英語を紹介します!

 

It’s muggy.

 

“muggy” というのは「暑苦しい」という意味で暑さと湿度が合わさって不快な感じを表します。
なかなか日本人が使えない表現ですが、使えるとかっこいいですね!

 

It’s suffocating.

 

“suffocate” は「窒息する」という意味です。蒸し蒸ししすぎて、息が詰まるような思いをしたことはありませんか?そんなに湿度が高い時には “suffocating” を使ってみましょう!

 

It’s roasting.

 

暑いけれども、湿気がなく乾いた天気の時には “It’s roasting.” が使えます! “roasting” には “very hot and dry” の意味があります。こんな細かい使い分けができると繊細なニュアンスを伝えることができますね!

 

I’m burning up.

 

日本語では「暑すぎて溶けちゃう」と言ったりしますが、その英語版というところでしょうか?英語では「燃えている」(笑)。燃えてしまうくらい暑いのが伝わりますね!

 

まとめ!


 

「暑い」にまつわる使える表現を10選取り上げました!
こちらがまとめです↓

 

 

1. It’s boiling!
2. It’s scorching!
3. It’s sizzling.
4. It’s sweltering.
5. It’s so hot you could fry an egg on the sidewalk.
6.  It’s humid.
7. It’s muggy.
8. It’s suffocating.
9. It’s roasting.
10. I’m burning up.

 

いろんな表現がありますね!
表現の幅が広がると細かいニュアンスを伝えるのがうまくなります!
どしどし使って英語力を高めていきましょう!